プロポリスを軟膏として使う時の注意

画像の説明

プロポリスは、様々な症状を改善・予防することができます。
プロポリスを摂る方法は、原液を水で薄めたりサプリから摂る方法があります。
また、飲むタイプ以外にも塗るタイプもあります。
それが、プロポリス軟膏です。
塗るタイプのプロポリス軟膏は、あらゆる肌のトラブルに大変効果的です。
そんなプロポリス軟膏について詳しくご紹介していきます。

プロポリス軟膏は、切り傷、擦り傷、やけど、ひび割れ、皮膚炎、虫さされ、水虫などに使うことができます。
また、日焼けの痛みやシミにも効果があります。
プロポリスには抗菌作用、殺菌作用、抗炎症作用があるので、これらの症状に効果的なのです。

プロポリス軟膏を使う際に、いくつか気をつけなければいけないことがあるのでご紹介します。
まず一つ目は、アレルギー症状です。
プロポリスはほとんどが樹脂なので、樹脂アレルギーをお持ちの方は使用を控えてください。
そして、ハチが作っているものですから、ハチミツにアレルギーがある方も、使用を控えてください。
プロポリス軟膏が肌に合うか確かめるために、パッチテストを行うと安心です。
また、アレルギーの有無に関わらず、最初は少量から始めると肌に負担をかけません。

二つ目は、プロポリス軟膏の着色汚れです。
患部にプロポリス軟膏を塗って、そのまま服を着てしまうと、服にプロポリスの色がついてしまうのです。
べったりとしたプロポリスは衣服に着いてしまうとなかなか落ちません。
これを防ぐためには、軟膏を塗った上から絆創膏やガーゼなどを貼って、患部をガードすることです。

プロポリス軟膏は一家に一つあると、色々な面で使うことができて大変便利です。
しかし一般的なドラッグストアなどでは手に入りにくいので、ネット購入が一般的です。
ネットで購入する際には、軟膏に使用されている成分や口コミをチェックしてから購入しましょう。
肌にトラブルを起こしやすい方、お子さんがいるご家庭の方は、ぜひプロポリス軟膏を使ってみてくださいね。